IMG_20190212_230502_843
IMG_20190212_230502_843

press to zoom
DSC_1601
DSC_1601

press to zoom
Fotor_155378627890778
Fotor_155378627890778

press to zoom
IMG_20190212_230502_843
IMG_20190212_230502_843

press to zoom
1/3

私たちの「道具」,お貸しします

私たちは,「道具」を提供します

 ToolBox(正式名称:電子技術研究会 ToolBox)とは,「自由なモノづくり」をテーマにモットーに個性的な作品を製作している、大阪大学公認団体(サークル)です.電子工作、プログラミングなどをメインに,ハードウェアからソフトウェアまで幅広く自由に活動しています.

​ 私たちはたくさんの種類の「道具」を取り揃えています.いうまでもなく,電子工作に必要な道具やパーツは揃えています.それ以外にも,個人で集めるには非効率なパーツや,一人で使うには少し高いような工具の用意しております.

 「道具」はそれだけではありません.電子工作を行う環境も道具の一つです.当サークルは24時間365日利用可能な部室を有しており,良いアイデアを思いついたときにすぐに実験を開始することができます.思う存分,自分の思考と回路に向き合う空間を提供します.

​ また,電子工作を行う上で,知識や情報は非常に大切です.部室には一定数の専門書も置いてあるほかに,部員同士の質疑応答などを行いやすいようにslackを活用しております.これにより,作業中に自分の力だけではどうしようもなくなった時に,他の部員に助言を求めることで,プロジェクトを前進させることができるでしょう.

私たちは,手と頭を動かします

私たちは,能動的に活動しています.

 私たちのサークルは,上に記した通り「自由」をモットーにモノづくりに励んでいます.本業である学業に専念したいときは部室に立ち寄りません.強制で参加しなければいけないイベントは一つもございません.なにかを期限までに作らなければならないという制限なども,もちろん存在しません.各々が自分で判断することにより,一人ひとりに最適な形でモノづくりに携わることを可能としています.昼夜,机上のノート,資料やパソコンとにらめっこしつつ,自らの手を動かしてプログラムを書き,やすりでバリを削ったり,はんだ作業を行っています.そして,失敗することも日常茶飯事です.しかし,失敗を頭をひねって何とか打開策を見つけ,磨きに磨いて仕上がる作品はとても美しいのです.

 具体的な活動内容としては,CADを用いた機械設計及び出力,レーザーカッタを用いたアクセサリーの作成や彫刻,アナログ/デジタル電子回路の設計,プログラムの作成,マイコンを用いた組み込みのシステム開発,IoT関連機器の開発などが挙げられます.